トップ柑橘について長盛園の柑橘土作りと肥料について

柑橘について

過去の記事を読む:

土作りと肥料について

おいしいみかんのヒミツは、風土とよい土作りにあります。
長盛園のみかんには欠かせないおいしい素をご紹介します!


【自然からの恩恵】
太陽の光
瀬戸内の潮風

【堆肥】
有機肥料(有機率100%)魚肥
天恵緑汁(島で採取した海藻に黒砂糖を入れて浸透させ、エキスを抽出したもの)
天然ミネラル(島の海水、島で採取した海藻の天日干し)

seaweed1.jpg

リリーの散歩のついでに、浜に打ち上げられた海藻を拾います。

seaweed2.jpg

拾った海藻は、海岸端に干しておきます。


 これらの天然の資源を使い、微生物と水と酸素が堆肥を分解することによって、アミノ酸やカルシウム、ミネラルが作られます。その養分を樹が吸収して、元気で丈夫に育ち、毎年おいしい実をつけてくれるのです。

 また、殺虫剤や除草剤を散布しない畑には害虫はいますが、ミミズやカマキリ、クモ、テントウムシなどの益虫も活躍しています。

 自然の恵みを受け、自然の力に助けられながら育まれる長盛園の柑橘は、有機・勇気100%なのです!