トップお知らせ台風とイノシシの襲来

お知らせ

過去の記事を読む:

[2011年09月09日] 台風とイノシシの襲来

朝夕涼しくなり、秋の気配が感じられるようになりました。
ここ3年間、台風がきていなかったのですが、今夏より2つも襲来してきました。
7月の台風6号は、かなり風の被害がでました。
みかんの実に傷がついたり、海岸部では潮を被ったりしました。
9月の台風12号は、近畿地方に甚大な被害をもたらしましたが、こちらは恵みの雨となりました。
灌水作業も一段落です。
ところが、3年くらい前から頭を悩ませているイノシシの被害が深刻です。
里まで下りてきて、サツマイモやサトイモを食べ荒らしている状況です。
みかんの方も、収穫間近の極早生みかんが被害にあっています。
地域の人は、電気柵、鉄柵、ロープ柵などで対応しています。
学習能力の高いイノシシは、どこからか入り込んで、食い荒らしています。
罠などをして捕獲をしていますが、一向に頭数が減りません。
地域を挙げて根本的な対策をしなければなりません。

夏場の灌水も一段落し、草退治と摘果作業に追われています。
みかんの実も順調に大きくなっていますが、豊作年のため、まだまだ数を減らさなければなりません。

まだ台風の襲来が心配されますが、実りの秋になることを祈っています。


【イノシシ対策:支柱を立ててロープをはったロープ柵】
2011.9.9_01.jpg

【イノシシが穴を掘って荒らした跡。食べ物がないので、草花の根や球根を食べているようです。】
2011.9.9_02.jpg

【畑でもイノシシやキジに食べられないように、コンテナで作物を覆ったりしています。奥がサトイモ、手前はピーナッツを植えています。】
2011.9.9_03.jpg